2009年07月13日

RETORIZER F-01M ver1.00

RETORIZER F-01 ver1.00」のマルチ版を作ってみた。
F-01 ver1.00の不具合は残ったままだが、マルチ音源として12種類の音色を扱えるようになった。

音色ライブラリ等はF-01 ver1.00のものをそのまま使用でき、またF-01M ver1.00の音色をF-01 ver1.00で使用することも可能。

音色ライブラリのプログラム1〜12をキーのC〜Bに割り当て、マルチ音源として使用する方法をとっており、ドラムパッドのような役割を果たす。
1オクターブ内のC〜Bは全てCの音を出力する。

C4〜B4を例にすると、

キー:C4  音色:プログラム01 音の高さ:C4
キー:C#4 音色:プログラム02 音の高さ:C4
キー:D4  音色:プログラム03 音の高さ:C4
キー:D#4 音色:プログラム04 音の高さ:C4
キー:E4  音色:プログラム05 音の高さ:C4
キー:F4  音色:プログラム06 音の高さ:C4
キー:F#4 音色:プログラム07 音の高さ:C4
キー:G4  音色:プログラム08 音の高さ:C4
キー:G#4 音色:プログラム09 音の高さ:C4
キー:A4  音色:プログラム10 音の高さ:C4
キー:A#4 音色:プログラム11 音の高さ:C4
キー:B4  音色:プログラム12 音の高さ:C4

という仕組みになっている。

メロディを演奏することはできないので、ドラムセットや効果音セットを組むのに使うための音源となる。

RetorizerF-01Mv100

【ダウンロード】
RETORIZER F-01M ver1.00


【追記】
すっかり忘れていたので追記。
「4BIT MODE」は使用できず、ピッチベンドの幅「RANGE」は現在選択されているプログラムの値が採用される。
posted by Bumpyうるし at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | VSTi情報
この記事へのコメント
ニコ動みました
中毒です

あそうそう、これで遊ばせていただきます

才能うらやましいす (∪^ω^)わんわんお!
Posted by ナナシ at 2009年07月28日 19:28
>ナナシさん
ありがとうございます!!

マルチのファミコンシンセが欲しくてずっと悩んでやっと完成しました><
使っていただけて嬉しいです!!
Posted by Bumpyうるし at 2009年08月07日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30497426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック