2009年07月13日

RETORIZER F-01M ver1.00

RETORIZER F-01 ver1.00」のマルチ版を作ってみた。
F-01 ver1.00の不具合は残ったままだが、マルチ音源として12種類の音色を扱えるようになった。

音色ライブラリ等はF-01 ver1.00のものをそのまま使用でき、またF-01M ver1.00の音色をF-01 ver1.00で使用することも可能。

音色ライブラリのプログラム1〜12をキーのC〜Bに割り当て、マルチ音源として使用する方法をとっており、ドラムパッドのような役割を果たす。
1オクターブ内のC〜Bは全てCの音を出力する。

C4〜B4を例にすると、

キー:C4  音色:プログラム01 音の高さ:C4
キー:C#4 音色:プログラム02 音の高さ:C4
キー:D4  音色:プログラム03 音の高さ:C4
キー:D#4 音色:プログラム04 音の高さ:C4
キー:E4  音色:プログラム05 音の高さ:C4
キー:F4  音色:プログラム06 音の高さ:C4
キー:F#4 音色:プログラム07 音の高さ:C4
キー:G4  音色:プログラム08 音の高さ:C4
キー:G#4 音色:プログラム09 音の高さ:C4
キー:A4  音色:プログラム10 音の高さ:C4
キー:A#4 音色:プログラム11 音の高さ:C4
キー:B4  音色:プログラム12 音の高さ:C4

という仕組みになっている。

メロディを演奏することはできないので、ドラムセットや効果音セットを組むのに使うための音源となる。

RetorizerF-01Mv100

【ダウンロード】
RETORIZER F-01M ver1.00


【追記】
すっかり忘れていたので追記。
「4BIT MODE」は使用できず、ピッチベンドの幅「RANGE」は現在選択されているプログラムの値が採用される。
posted by Bumpyうるし at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | VSTi情報

2009年07月03日

RETORIZER F-01P ver1.00

RETORIZER F-01 ver1.00」のポリフォニック版を作ってみた。
F-01 ver1.00の不具合は残ったままだが、同時発音数を3和音にしてみた。

音色ライブラリ等はF-01 ver1.00のものをそのまま使用でき、またF-01P ver1.00の音色をF-01 ver1.00で使用することも可能。

細かい話をすると、ポルタメントの処理はモノフォニックと同じ方法を取っているのでポリフォニックとしての正しい処理とは言えない。

RetorizerF-01P2v100
※ デザインを一部変更しました(2009年7月6日)。

【ダウンロード】
RETORIZER F-01P ver1.00
posted by Bumpyうるし at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | VSTi情報

2009年04月09日

RETORIZER F-01 ver1.00

とりあえず形になった。
ASIOやオーディオIFによってはまだ不具合がある。
これから修正していかねば。。。

RetorizerF-01v100

【ダウンロード】
RETORIZER F-01 ver1.00

【デモ曲】
「GRADIUS2MSX」(ver1.00を使用)
耳コピ・アレンジ:HMOとかの中の人。
http://www2.atword.jp/2525hmo/
原曲:碇子正広/古川元亮
その他の使用機材:
 Steinberg REVerence(りば〜ぶ)
 WAVES C1(こんぷ)


「光と闇の序曲」(ver1.00を使用)
作曲:桐生琢海
http://www.voiceblog.jp/ikdworks2/
RPGのラスボスっぽい曲


「チョコボのテーマ 2」(ver0.93を使用)
耳コピ・アレンジ:Bumpyうるし
原曲:FFV


【音色ライブラリ】
子猫Pの音色ライブラリ(ver1.00以降)
制作:子猫P
http://konekop.com/(準備中)
シンセっぽい使い方ではなく、あくまでファミコン音源という方向にこだわっています(一音色のみ例外)

Bumpyうるしの音色ライブラリ(ver1.00以降)
制作:Bumpyうるし
チョコボのテーマ 2」で使用している音色をver1.00用に移植してみました。他にも変な音が入ってます。

【取扱説明書】
RetorizerF-01v100

【参考資料】
RetorizerF-01v100Data

【追加機能】
・ENVELOPE
REVERB:RELEASEの減弱を疑似残響にする
REVERB RATIO:SUSTAINに対する疑似残響のレベル比 
 0〜100%〜200%

【仕様変更】
・MODULATOR
DETUNE DEPTH:ノブの反応を0付近で緩やかに
LEVEL DEPTH:ノブの反応を0付近で緩やかに
PAN DEPTH:ノブの反応を0付近で緩やかに
PORT TIME:ノブの反応を0付近で緩やかに

【コントロールチェンジ追加対応】
・MODULATOR
79:PITCH MOD
85:DETUNE MOD
86:DETUNE DEPTH
87:LEVEL MOD
88:LEVEL DEPTH
89:PAN MOD
90:PAN DEPTH

・STEP SEQUENCER
46:NOTE 01
47:NOTE 02
52:NOTE 03
53:NOTE 04
54:NOTE 05
55:NOTE 06
56:NOTE 07
57:NOTE 08
58:NOTE 09
59:NOTE 10
60:NOTE 11
61:NOTE 12
62:NOTE 13
63:NOTE 14
102:NOTE 15
103:NOTE 16
104:NOTE 17
105:NOTE 18
106:NOTE 19
107:NOTE 20
108:NOTE 21
109:NOTE 22
110:NOTE 23
111:NOTE 24
112:NOTE 25
113:NOTE 26
114:NOTE 27
115:NOTE 28
116:NOTE 29
117:NOTE 30
118:NOTE 31
119:NOTE 32
09:REPEAT
14:STEP
15:SPEED

・LFO
77:TYPE
78:DELAY
76:SPEED

・ENVELOPE
12:REVERB
91:REVERB RATIO
posted by Bumpyうるし at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | VSTi情報

2009年04月08日

RETORIZER F-01 ver0.94

GUIはver1.00のものだが、まだ機能していない箇所あり。
ステップシーケンサのデモ機。

RetorizerF-01v100

【ダウンロード】
RETORIZER F-01 ver0.94

【デモ曲】
「チョコボのテーマ 2」(ver0.93を使用)
耳コピ・アレンジ:Bumpyうるし
原曲:FFV


【追加機能】
・MODULATOR
PITCH MOD:STEPの動きをPITCHに割り当てる

・STEP SEQUENCER
NOTE:各ステップの音程 -1オクターブ〜+1オクターブ
REPEAT:繰り返し
STEP:有効ステップ(ランプが点灯) 1〜32ステップ
SPEED:ステップの速さ

【仕様変更】
・OSCILLATOR
PITCH:範囲を2倍に -2オクターブ〜+2オクターブ

・MODULATOR
DETUNE DEPTH:範囲を2倍に -1オクターブ〜+1オクターブ
posted by Bumpyうるし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VSTi情報

2009年04月06日

RETORIZER F-01 ver0.93

プチノイズやASIOなどによる誤作動を改善。
しかし、まだ不具合の起こる環境があるようだ。。。
う〜む。。。

RetorizerF-01Dv092

【ダウンロード】
RETORIZER F-01 ver0.93

【デモ曲】
「チョコボのテーマ」(ver0.93を使用)
耳コピ・アレンジ:Bumpyうるし
原曲:FFV


「チョコボのテーマ」(ver0.92を使用)
耳コピ・アレンジ:Bumpyうるし
原曲:FFV
posted by Bumpyうるし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VSTi情報

2009年03月29日

RETORIZER F-01 ver0.92

GUIが一気に巨大化。
ほぼ完成版だがまだステップシーケンサが未完成。

RetorizerF-01Dv092

【ダウンロード】
RETORIZER F-01 ver0.92

【デモ曲】
「マッピー」(ver0.90を使用)
耳コピ・アレンジ:Bumpyうるし
原曲:マッピー


【追加機能】
・MODULATOR
DETUNE MOD:LFOやENVの動きをDETUNEに割り当てる
DETUNE DEPTH:振幅の幅 -半オクターブ〜+半オクターブ
LEVEL MOD:LFOの動きをLEVELに割り当てる
LEVEL DEPTH:振幅の幅
PAN MOD:LFOの動きをPANに割り当てる
PAN DEPTH:振幅の幅

・LFO
TYPE:振幅のタイプ パルス波または三角波
DELAY:振幅が始まる時間
SPEED:振幅の速さ

・ENVELOPE
EDGE:全体的な丸みを微調整

【コントロールチェンジ】
・OSCILLATOR
20:OSC1 TYPE
21:OSC1 MODE
22:OSC1 PITCH
23:OSC1 DETUNE
24:OSC2 TYPE
25:OSC2 MODE
26:OSC2 PITCH
27:OSC2 DETUNE
28:OSC BALANCE

・ENVELOPE
30:EDGE
73:ATTACK
75:DECAY
70:SUSTAIN
72:RELEASE

・BENDER
05:PORT TIME
65:PORT

・OUTPUT
29:4BIT MODE
10:PAN
07:MASTER
posted by Bumpyうるし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VSTi情報

2009年03月20日

RETORIZER F-01D ver0.91

GUIが完成!!
ファミコンっぽくなってきた。

RetorizerF-01Dv091

【ダウンロード】
RETORIZER F-01D ver0.91

【デモ曲】
「マッピー」(ver0.90を使用)
耳コピ・アレンジ:Bumpyうるし
原曲:マッピー


【追加機能】
・OSCILLATOR
TYPE:ノイズを追加
 非周期ノイズ、長周期ノイズ〜短周期ノイズ

・BENDER
RANGE:ピッチベンドの幅 半音〜2オクターブ

・OUTPUT
4BIT MODE:最終的な出力を4ビット化(振幅を16段階にする)
posted by Bumpyうるし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VSTi情報

2009年03月13日

RETORIZER F-01D ver0.90

デモ初号機完成!!
GUIがないので操作性悪い。

【ダウンロード】
RETORIZER F-01D ver0.90

【デモ曲】
「マッピー」(ver0.90を使用)
耳コピ・アレンジ:Bumpyうるし
原曲:マッピー


【解説】
ファミコン音にするために4ビットの波形を作りだしてる。
2オシレータのモノフォニックシンセでパラメータは以下のとおり。

TYPE1:オシレータ1のタイプ  パルス波または三角波
MODE1:オシレータ1の波形モード
 パルス波の場合  3.125%〜50%パルス
 三角波の場合  ノコギリ波〜三角波〜パルス波っぽい波
PITCH1:オシレータ1のピッチ  -1オクターブ〜+1オクターブ
DETUNE1:オシレータ1のデチューン  -1/4音〜+1/4音

TYPE2:オシレータ2のタイプ  パルス波または三角波
MODE2:オシレータ2の波形モード
 パルス波の場合  3.125%〜50%パルス
 三角波の場合  ノコギリ波〜三角波〜パルス波っぽい波
PITCH2:オシレータ2のピッチ  -1オクターブ〜+1オクターブ
DETUNE2:オシレータ2のデチューン  -1/4音〜+1/4音

BALANCE:オシレータ1とオシレータ2のバランス

ATTACK:エンベロープのアタックタイム
DECAY:エンベロープのデッケイタイム
SUSTAIN:エンベロープのサスティンレベル
RELEASE:エンベロープのリリースタイム

PAN:左右の定位
MASTER:ボリューム

PORT TIME:ポルタメントの時間
PORT:ポルタメントのオン・オフ
posted by Bumpyうるし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VSTi情報